HOME > こんな企業におすすめ

こんな企業におすすめ

  • 異業種交流会に参加したい。そして、実取引を積極的に行いたい
  • 交流会で自社の商品・サービスを積極的に宣伝したい
  • 広告宣伝費を抑えたい
  • 新たな販売網を拡大したい
  • 仕入れ原価を抑えたい
  • 会社経営者の人脈を広げたい
  • 他業種の販売ネットを利用したい
  • 他地域に販売網をつくりたい
  • 顧客を一気に増やしたい
  • 過剰在庫を販売したい

日本の商習慣

大企業:下請け企業というのが日本の産業構造でした。大企業の系列企業で占められているようです。
例えば、大企業の食堂、弁当などは、すべてその大企業の系列メーカー のものばかりです。いわば系列寡占体制で、他の系列に入る余地はありません。

そんな中で、多くの中小企業は大企業の作る系列の中で、どこかに入って活動してきました。
しかし、そんな大企業:下請け企業という構造そのものが、今音を立てて崩れ始めています。

系列を持たない中小企業。それは常に競争社会

バータージャパンは、このような中小企業の中に「ある意味での系列」を作る発想です。

従来も異業種交流会として、多くの中小企業が参加して結びつきを深め ているケースがありますが、実際はほとんどが仲良しクラブになっており、 実取引はあまり活発でないようです。

これではせっかく参加しても、その中小企業にとっての発展はあまりありません。
そこで、バータージャパンは、大企業とは異なる中小企業の系列を作ること を考えて発足しました。自社の利益に結びつくというメリットがある 異業種交流会と言うことです。

バータージャパンの発足

しかし、バータージャパンは、これから会員を募りますので、最初は 多くの会員が加盟しておりません。また、そのような会に経営者は 加入しようとは思わないでしょう。

ただ、例え数社のなかでもバーター取引は行えます。
その数社の中に必要な商品・サービスを提供してくれるところがあれば バーター取引の価値は生まれるのです。
そして、入会を検討している経営者は、自社が必要としている商品・サービスを 持っている企業をバーター会員として紹介し入会してもらえればよいのです。

  • インターネットオンラインシステムにログインして、各会員の商品・サービスを 検索することが可能。
  • 会員の商品・サービスだけではなく、その会員企業がどのような会社なのかも 確認できます。取引先とは、社長の趣味でのお付き合いも重要なファクターとなるでしょう。

バータージャパンオンラインシステム

そして、毎月行われる交流会(商談会/勉強会とも言います)に参加して 更に会員企業の経営者と交流を深め、バーター取引の相手企業を探す ことが出来るのです。

すべてがシステムだけでは、バーター取引は、難しいです。
実際に経営者同士が会って、交流を深めることがより実益の高い バーター取引を行うことが出来るのです。

バータージャパン商談交流会


もちろん、私どもバータージャパン本部もご相談いただけましたら会員同士の 結び付けをお手伝いいたします。

これには、システム内にバータージャパンニュースを掲載していこうと 計画しております。

新たな会員の紹介 商品・サービスの紹介 経営者のプロフィールなど です。

pagetop

バータージャパン インターネットオンラインシステム

単に会員同士のバーター取引を電子化したシステムだけではなく、 各会員企業が、自社のオリジナルのページ(システム内にホームページ) を持つことが出来、日々更新できます。
また、SNS(ソーシャルネットワーク 日本ではMixiが有名です。)としての 機能を目指しております。
SNSとは:人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型のWebサイト。

当初は、オンラインシステムの中に自社トップページとして、自由に編集可能な スペース、商品・サービスの登録フォーム、何でも発信できる付箋紙スペース 、他会員、本部に対してのPR記事、質問投稿など自由に掲載できるコーナー (フォーラム)が利用できます。将来的には、このフォーラムも各会員毎に企画し開催できるようにも検討しております。

また、カレンダー機能付き予定表の作成機能 取引を検討したい会員企業のページをお気に入りに入れられる機能 なども装備しております。

もちろん、取引時の伝票処理、取引完了済みの履歴伝票の閲覧、未決済伝票の 閲覧、取引時の見積もり依頼ほか、相手企業に対しての各種連絡、相談が可能。
見積もりに関しては、依頼を受けた会員企業が、回答時に金額を変更したり 登録していなかった商品、サービスを追加して見積もりを行うことも可能です。

サービスを主な業として行っている会員企業は、定価という形で 商品を登録することが難しいです。したがって見積もり依頼を受けるのです。

飲食店などは、利用チケットの販売等もおもしろいかと思います。

売り上げ高に結びつく仕組み

例えば・・・
現金とバーターポイントがあったとして、物を購入するとします。
100%の会員がバーターポイントで購入するでしょう。

そして、購入しようと検討していた物が、バータージャパン会員企業 と会員以外の企業で取り扱っていた場合、当然バータージャパン会員企業 から購入されるでしょう。
そして、販売したバータージャパン会員企業の売り上げは、バーターポイント になりますが、自社の売り上げは伸びることになります。

もちろん、バーターポイントを100%使用して購入できるとは限りません。
残りは、現金になります。また、所有のバーターポイントは、入会時は、 30万円しかありません。50万円のものを購入する場合は、20万円は現金です。

しかし、バーターポイントを使用することにより、バータージャパン内の マーケットという新しい取引先が、一気に増えると言うことにもなります。

そして、バーターポイントを利用するには、自社の商品 サービスも バーターポイントで販売することになります。すなわち自社の売り上げが 増加することになります。

 

pagetop