100年に一度と言われる昨今の不況の影響で、中小企業経営者の皆様は大変厳しい経営状況でいらっしゃることと思います。

大幅な売上げダウンに苦しんでいる

月末の資金繰りに追われている。

銀行の借り入れ返済が厳しい

様々な中小企業経営者の悲鳴が聞こえてきます。きっと御社も少なからずともこのような状況にあるのではないでしょうか。

もし、「うちは順風満帆!不景気は関係ない!」とおっしゃる会社の経営者様であれば、このホームページは要らぬお節介となってしまいます。今すぐ閉じていただいて構いません。

ごあいさつ

野崎代表ご挨拶

はじめまして、バータージャパンの代表の野崎と申します。

今このホームページを読んでいらっしゃるということは、今の不況を乗り越えるために、何か良い方法は無いかと模索していらっしゃる、前向きな経営者様とお察し申し上げます。そんな方にたった30日で大幅な売上アップを図る方法をお伝えしたいと思います。しばらくの間、お時間をいただければ幸いです。

あなたは、わずか30日で会社の売上がアップすると聞いて、きっと「なんだか胡散臭い!」とお思いになったことでしょう。 私もそんな話を他から聞いたら、きっと同じように思うことでしょう

しかし実際を可能にしたのが、インターネットとリアルビジネスを融合させた会員制ビジネスマッチングシステム「バータージャパン」なのです。

私は、現在バータージャパンの代表をしていますが、別会社で野崎ダイヤモンド株式会社という会社も経営しています。野崎ダイヤモンドの売り上げ推移を見てください。

下方矢印

これは、野崎ダイヤモンド(株)がバータージャパンで売り上げた数字です。
これはあくまでバータージャパンでの売り上げで通常の取引は含まれていません。

御社もすぐにこのような結果を出すことが可能なのです!

バータージャパンの会員となることで、既存会員と新規取引先となる可能性は高いです。
また、その既存会員の関係企業(人脈)からの取引も期待できます。
実際に現在の会員間では多くの成功事例の声を聞いております。

ここで、一つ注意いただきたいのは、バータージャパンが魔法の杖ではないのです。 会員として加入したら、まずは既存会員のサービス、商品等を買うことから、交流が始まると考えております。

そうですギブ&テイクの精神です。

入会時にバーターポイントは、事務局より30万円分を貸与します。 購入された会員は、御社の商品、サービスを検討します。
このように、多くの新規取引先を獲得し、売り上げを伸ばしていくことになるのです。 まだまだ、バータージャパンの会員企業は少ないですが、
今後100社、200社となることにより、いっそうのメリットが発生していきます。

pagetop

「バーター」とは物々交換という意味です。


「バータージャパンの仕組みとは」

その昔、人々は自分の欲しい物を手に入れるのに、自分の持っている品物と、他人が持っている品物を交換していました。海の近くに住んでいる人は魚を採り、山に住んでいる人は山の幸採り、それぞれ市場に持ち寄り、自分が手に入れることが出来ないものと交換して手に入れていました。

やがて貨幣という概念ができ、実際に品物を持ち運ばなくても、貨幣があれば同等価値のある品物と交換する方法を編み出しました。物々交換とは欲しい人同士1対1でないと成立しませんでしたが、貨幣が出来たことによって、自分の物を売って貨幣でより多くの人と品物を交換できるようになったのです。

このようにバーターは人類の経済活動の基本的な方法であり、太古の昔から行っていた伝統的な方法なのです。

この方法を今に活かし経済活動を行うのがバータージャパンです

矢印

一言で言うと、自社の商品やサービスと、他社の商品やサービスを同価値で交換するシステムです。
そうすれば御社は現金を使わずに他社の商品を購入したりサービスを利用したりすることができるのです。

しかし実際には、お互いが欲しい商品が一致するとは限りません。
普通はそのようなケースの方が多いかもしれません。

そこでバータージャパンでは会員間でのみ使用可能な擬似通貨を
使って取引を成立させます。バータージャパンではこの擬似通貨をバーターポイントと呼んでいます。

pagetop

topcap

大手の通販サイトとして有名なものに楽天があります。
楽天で品物を販売する場合は、加盟金を支払うことで、楽天のサイトの中に、自分のショップのスペースを持つことが出来ます。

このショップのスペースに、あたかも実店舗の店頭に並べるかのように、自社の商品の写真や特徴、金額などを登録し販売します。

購入希望者は、このショップのスペースに訪れ、自分の欲しい品物を買います。購入代金の支払い方法には、振込み、代金引換などの他に、クレジットカードを使って即時決済を行うこともできます。決済が終わると、後日手元に商品が届くという流れです。

バータージャパンのシステムもこれとほぼ一緒で、だれでも簡単にバーター取引が出来るのが特徴です

バータージャパンに入会すると

30万円のバーターポイントが貸与されます。また楽天のショップスペースにあたる、会員専用のインターネットバータージャパンシステムの中に自社スペース(Mypage)が割り当てられます。

この自社スペースに、楽天と同じように、商品やサービスの写真や紹介文などをアップすることが出来ます。同じく商品の購入する場合にもこのシステムにアクセスして簡単に購入することが可能なのです。

この決済に利用するのが、バーターポイントです。取引が完了すると、各社が所有しているバーターポイントが、購入者から販売者に移動し、現金を使わず決済をすることができるのです。

皆様は、インターネットの通販サイトでお買い物をした経験がおありでしょうか?

btmcap

例えば・・

A社はB社の事務機をバーターポイントで購入します。

B社は売り上げたバーターポイントでC社の旅館に泊まります。

C社はその売り上げたバーターポイントを使って、A社から食料品を仕入れます。

これによって、お互いが欲しいものが一致しなくても、バーター取引が完了したことになります。

現金支出削減。取引先増加で不況に勝つ中小企業への道 2STEP

Step1 購入に必要なBPは入会時全会員全員へ定額(20万-30万)貸与します。自社商品を販売するBP(バーターポイント)決済率を決定します。A会員は100%と設定

Step2 B会員はBP10万円分をA会員へ支払って取引完了。A会員は売上げ増、B会員は現金支出削減

pagetop

バータージャパンの詳細については、事業説明会を行っていますので、こちらに参加してください。

説明会の日程

応募フォーム

バータージャパン入会要領 第一次募集100社まで入会金30万円のところ10万円

入会金300,000万円(バーター口座開設のための入会金です。 月会費5,000円 バーターフィー3%(バーターポイントで購入した金額の3%)

会員企業様の声

topcap

フキダシ

イベントプロデュース 企画のシンパ・プランニング 
稲垣社長様から

私は、当会に参加するに際して、ひとつ、不安なことがありました。
バーター取引を行うことは、現金が入ってこない、新規に取引を行える企業がかんたんに増えることと現金が入ってこない仕事を受けることは、その後の自分の経営にどのように影響するのか心配でした。
しかし新規契約に結び付けていくというバータージャパン取締役野崎さんのご主旨には非常に共感しながらも、果たして、女性である私に結果として効果が あるのだろうか?」という不安でした。

しかし、実際にやってみてわかったことは、バーター取引は、結果として売り上げアップになることと、自分自身のバリューを高めるという効果のほか、異業種の経営者と知り合っていける有効な手段のひとつであるということが実践して理解できました。
仕事を依頼される会員企業も依頼し易い様で、先般も、食品販売会社の社長より、お客様である飲食経営者ばかりあつまる勉強会のプロデュースを任せられたり、開発系のベンチャーを数社紹介されたりということもございました。

また、他の異業種交流会などでは、「私の仕事は、我々のネットワークを通じて顧客企業の成長戦略実現のお手伝いをすることです。」と名刺交換をやります。
しかし、実際にはいろいろな異業種交流会に参加しましたが、実際にビジネスとしてまとまったことはございませんでした。

しかしバータージャパンでの交流会は、商談を目的として行っておりますので、最初からビジネスマッチングを考え、参加いただいておりますので、多くの仕事 の見積もり提案ができます。

そうすると、後日のアポイントが入りやすくなるという効果も実感しております。

バーター取引にしろ、一度お取引を行うことで、経営者はその企業との取引を引き続き行ってくれたり、別の企業を紹介してくれたりと、何らかの進展があるのではと思います。
逆に、お互いの目的、意図が違い、何かギクシャクする様でしたら、以降は、距離をあける、ただそれだけです。

恐れること無かれ、またバータージャパンを通じて、知り合いの経営者リストを増やせばよいのです。

バーター取引をやりはじめると、新規経営者との関係がどんどん増えてきます。
要は、モチベーションの高い経営者に好んで会え、こちらとしては、バーター取引という手段を使って、「競合他者より優位性のある商談ができる」ことと大変有効です。

フキダシ

株式会社シンシア 渡辺社長
会員企業から

セキュリティ機器の販売、取付、施工も手掛けております。
リフォームは、大手ハウスメーカーと業務提携をしていますので、定期的に受注していますが、このご時世で予算が削減されることもあり、何かカンフル剤となりうる新しいことを業務に加えようと考えました。

防犯関連商品は、セキュリティ度が高いことはもちろん、使って便利でなければ取付けても満足度は半減してしまいますし、さらに、イニシャルコストとランニングコストも重要です。

いい商品を扱っていても、紹介する相手を間違ってしまうと宝の持ち腐れになってしまい、多くの人が損をすることにつながります。

私が扱っている、後付式の電子錠(日本製)がまさにそうでした。
思い悩んでいるときに、ネットサーフィンで知ったのが、『バータージャパン』でした。

「物々交換」の理念を元に、現代風にパソコンを使い、取引するスタイルにアレンジしている事に新しい風を感じ、迷うことなく加盟したのです。

自社で専任の営業マンを雇用し、飛び込みセールスをしたところで売上増は全く期待できない世の中です。

わずか¥5.000の月会費で、努力次第で大きな、多くの取引が可能です。
志を同じくする異業種の『経営者』が集まるので、

  1. 話を聞いていただける
  2. 決断が早い

という環境が約束されているわけです。

繰り返しますが、『決裁権を持つ経営者が定期的に会合を行っている』

これが最大の魅力だと思います。

売るだけではなく、当然私も色んなものを購入しました。

有限会社から株式会社への組織変更手続き、業務で必要な、産業廃棄物収集運搬許可申請、リゾートホテルの宿泊やパブスナックでの飲食(爆)、等々 バーター取引手続きで、すべて取得しました。 「仲間」ですから、お互いに信用が第一と言うことをモットーにするため

  • 価格もボッタクリはあり得ませんから、安心して発注できます。
  • 会員ログインページから、全ての会員の詳細を確認でき、とても素晴らしい
    システムが構築されていると思います。

加盟して半年が過ぎようとしていますが、おかげ様で、後付式電子錠も多くの会員様にご理解と受注をいただき、忙しい毎日を過ごしております。


 

フキダシ

株式会社ミマ・ジュリー井口会長
会員企業から

バータージャヤパン入会して半年
売上はバーターポイントで100万、購入はバーターポイントで50万現金で40万ぐらいで経由しています。
バーター取引物々交換は昔からあることで、現代でも決済方法を変えて世界中のどこにもあります。トレードチェックを発行するとか、ポイント制にしてネットで行うとか。

昔は同業者の市とか言って展示会みたいな物があって商品の売り買いをしていましたね、だから趣旨には抵抗感もなく加入しました。
ネットでのポイントでの清算については単なる事務上の事で、あんまり気にしなくて良いと思います。そのつど教えてもらえますし、だんだん慣れます。売り買いなどの記録が正確に記録されていていつでも見られるので分かりやすいです。若干操作で戸惑う事も有りますが、そのつど改善されているようです。

問題は欲しい物があるかどうか買うものがあるかどうかです。それは会員の増加をもって解決される事などで、もっと参加される方増えればいいなと思っています。

btmcap

実は・・

このバーターというシステムは欧米では一般的な商取引なのです。
BarterExchengeという組織は、会員社数5,000社以上が加盟する一大組織であり、当たり前のように日常の取引が行われています。

日本でも大企業のグループ会社同士では同じようなことが行われています。

例えば不動産会社、建設会社、工事会社、自動車販売会社など、グループ内の会社同士は、実際に現金を外部に流出

させず、お互いの商品やサービスを利用しあって、グループ全体の企業体質を強めていったのです。

 

我々中小企業は、残念ながらグループ企業を持っていないケースがほとんどです。商売を広めていっても、現金は出て

行くばかり、もしこの現金の流失をとめることが出来たら、中小企業でも大企業に負けない企業体質を作ることが

できるのです。それを可能とするのがバータージャパンです。

 

会員間のバーター取引で現金の流失を防ぐことが出来れば、大手企業に対抗することができる!この不況の世の中、

中小企業が生き残っていく手段は、これしかないと断言します。

バータージャパン(株)オフィシャルWebサイトはこちらです。→ http://www.barter-japan.jp/

pagetop

バーター」とは物々交換という意味です。

●全会員企業がスグ取引先に ● 現金支出を抑えた取引が可能 ● 経営者の人脈が広がる ● パソコンを使って24時間 バーター取引ができる。

step1 バータージャパンに加盟したら、バータージャパンを有効に活用するためにファーストステップとして、まず交流会に参加しましょう。

異業種商談交流会は、毎月1回、主に都内で行われています。
ここで、加盟している他の会員との交流を持つことができます。どんな、会社があって、どんな商品やサービスを取り扱っているか。異業種商談交流会に出ることによって分かります。

バータージャパンのバーター取引はインターネット上システムを使って行いますが、バーチャルな世界だけでなく、リアルな交流を大切に考えています。

この交流で他社との信頼関係を築くことで、今後のバーター取引が成功するかいなかが かかっているといっても過言ではありません。

この交流会で、意気投合して、新たなビジネスが生まれるケースもあります。また、経営者同士の人脈も広がります。
ビジネスを超えた人間関係も築けるかもしれません!

バータージャパン説明会

バータージャパン商談交流会

arrow2

step2 セカンドステップは、バーターポイントを使って自社に必要な品物サービスを購入してください。

バーターポイントは現金ではありません。いくら貯めていても、利子が付くということもありません。ただポイントを持っていても何も起こりません。
そこで、このポイントを使って買うことからはじめることをお勧めしています。
御社が商品を購入したバーターポイントが、他社の売り上げになります。

他の異業種交流会では、通常は自社の商品やサービスをいかに売り込むかに躍起になる傾向にあります。
一度名刺交換をしたら、即翌日営業の電話が掛かってきた。
シツコイ営業訪問にあって苦労した。
というような経験がありませんか?

バーターの会員はまず買うことから始める。ここが他の異業種交流会と大きく異なる点です。買うことが、めぐりめぐって自社の売上につながるのです。

商品やサービスを購入すれば、当然のことながら御社のバーターポイントの残高は減ります。  もっと、商品を購入したいと思ったときに、バーターポイントがなければ購入できません。

バーターポイント

arrow2

step2 セカンドステップは、バーターポイントを使って自社に必要な品物サービスを購入してください。

するとあなたの商品を求めて、他の会員がホームページに訪れます。
御社はバーターポイントで販売をしてください。

バーターポイントなんかで商品が売れるの?
 あなたはそう思うかもしれません。

例えばあなたは物を買うときに、お財布の中に同じ金額の商品券と現金があったらどちらを先に使いますか?
多くの場合は、商品券から使うのではないでしょうか。
バーターポイントが手元にあって、同じものが購入でき

商品が売れれば、バーターポイントが溜まります。
この売り上げたバーターポイントを使って、御社はまた他社の商品やサービスを購入することが出来るのです。

ログインする人

バータージャパンの詳細については、事業説明会を行っていますので、こちらに参加してください。

aaaaa

aaaaa

pagetop

よくあるご質問

現金が欲しいのですがポイントで販売しなければ
なりませんか?

バーターポイントの使用割合は、自社の状況によって変えることが出来ます。
個別の商品についてバーターポイントの割合を決めることができるので、現金50%、ポイント50%というようにすることも可能です。

バーターポイントは退会時に現金に換えられますか?

バーターポイントは退会の際に現金に買えることは出来ません。退会の際は全て使ってから退会していただきます。ただし最初に貸与したバーターポイントは返却していただきますので、最初の貸与分よりマイナスしている場合は、退会時に現金にてお支払いいただきます。

地方で交流会に出られないのですが…。

現在交流会は東京が中心ですが、ゆくゆく地方でも開催の予定です。ただ、インターネットを使ったサービスですので、地域格差なくバーター取引ができるのも特徴ですので、ご安心いただいて大丈夫かと思います。

怪しい出資の会社ではないですか?

バータージャパンは、バーターを利用した健全な異業種交流組織です。
出資金による配当など、資金集め的なことは一切行っておりませんので、ご安心下さい。

バータージャパン入会要領 第一次募集100社まで入会金30万円のところ10万円

入会金300,000万円 月会費5,000円

ここまでお読みいただきありがとうございました。
バータージャパンのことをいくらかでもお分かりいただければ幸いです。

下記に日程にて無料にて事業説明会を行っておりますので
是非とも一度ご来場いただければと思います。
無理な勧誘はいたしませんのでご安心下さい。

バータージャパン(株)オフィシャルWebサイト http://www.barter-japan.jp/

最後に

バータージャパン第56回商談交流会
◆ 日時 2014年

6月11日(水)


午後4時〜 第56商談交流会 (自社PR、名刺交換、商談会等)

◆ 会場 会場  フィル・ポート

〒105-0004 東京都港区新橋2-20-15新橋駅前ビル1号館4階
TEL:03-6280-6540
地下通路のご利用が便利です。JR新橋駅汐留口から、改札を背にまっすぐ正面に進みます。突き当りが新橋駅前ビルです。4Fでお待ちしています!
MAP URL  http://philport.jp/about.html#about3

◎会費 第56回商談交流会   1,000円
ゲスト 3,000円

入会しないと決めたあなたへ

バータージャパンのシステムは、中小企業にとって必ず必要なシステムだと確信しております。
今回入会をしないと決められたことは、経営者としての大きな決断だと思います。
御社の今後の発展を心よりお祈りします。

もし、御社の業務に行き詰って、バータージャパンを思い出した時には、お気軽にお問合せ下さい。